コンテンツ本文へスキップ
0%

店舗情報

秩父豚肉味噌漬け せかい

  • 秩父豚肉味噌漬け せかい
  • 秩父豚肉味噌漬け せかい
  • 秩父豚肉味噌漬け せかい
常温での日持ちも可能な豚肉味噌漬は5枚入り1,050円から。

西武秩父駅より徒歩14分。

創業大正4年、味わいある店舗がその歴史を物語る。
世界商事の「秩父豚肉味噌漬」は、その製造方法と熟成した香ばしい手造り味噌の味付けに秘伝があります。
常温での日持ちも可能な豚肉味噌漬は5枚入り1,050円から。
また、細切れ肉とゴマ味噌だれで作った「とんみそ」(600円)を販売しております。


【おすすめ】
●とんみそ350g入り 600円
●箱入り230g(5枚入り) 1,050円
他各種類あり
店名
秩父豚肉味噌漬け せかい
住所
秩父市本町4-23
TEL
0494-22-0169
営業時間
8:30~19:00
定休日
火曜日
駐車場
2台
和同開珎
使用可

※「和同開珎」は秩父市共通商品券です。

店舗カテゴリ
観光和食・すし
どこいくべぇドッとコム クーポン

秩父豚肉味噌漬け せかい(TEL:0494-22-0169)

5%サービス
和同開珎との併用はできません

クーポンは、この画面を店舗で見せるか、印刷してご利用ください。

printクーポンを印刷する

日本、〒368-0044 埼玉県秩父市本町4−23

招運

勝負運

羊山公園は、秩父市と隣接する秩父郡横瀬町にまたがる美しい公園です。

秩父市の中心市街地の東、武甲山(標高1304メートル)のふもとに位置しています。「芝桜の丘」は、羊山公園の南寄りエリアに広がり、花の季節には芝桜の美しい花畑が楽しめます。40万株以上の芝桜が、広大な約17,600平方メートルのエリアを覆い、白・ピンク・紫など様々な色の花で美しいじゅうたんをつくり出します。

芝桜の花が咲くのは、通常4月中旬から5月上旬の時期であり、天候によってわずかに変動することがあります。芝桜まつりの期間中には、「秩父路の特産市」などのイベントも催され、観光客に賑やかなひとときを提供しています。

ホームページはこちら

秩父ミューズパークは、埼玉県営および秩父市営の公園で、埼玉県秩父市および秩父郡小鹿野町にまたがる広大なエリアです。

このリゾート施設は、総合保養地域整備法に基づき、埼玉県、秩父市、および西武グループによって整備され、1991年に開園されました。

秩父ミューズパークは、市街地から見て荒川対岸の尾田蒔丘陵に位置しています。
公園は南北に広がり、車道に加えて歩行者や自転車向けの「スカイロード」と呼ばれる遊歩道が尾根上を走っています。スカイロードは約3kmあり、秋になるとイチョウ並木が黄色く美しく彩られます。さらに、尾根の東側(市街地側)の林の中にも遊歩道が整備されています。

公園の北側には「旅立ちの丘」「展望台」などがあり、中央部には「音楽堂」「野外ステージ」が、南側には「スポーツの森」などが配置されており、多様な施設が訪れる人々に様々な楽しみを提供しています。

なお、各施設により定休日や雨天休業・冬季休業があるため、訪れる際はご注意ください。

ホームページはこちら

秩父神社の例大祭である「秩父夜祭」に関する資料が展示されています。

迫力ある秩父屋台の華やかな音色が響くなかで、見事な屋台や立派な笠鉾が際立って楽しむことができます。

また、3Dシアターでは臨場感たっぷりに祭りを堪能でき、夜祭りの雰囲気を再現したり、秩父の四季折々の祭りが立体画面で楽しめる「秩父まつり廻廊」も上映されています。

ホームページはこちら

秩父公園橋は埼玉県秩父市中村町に位置する一般県道秩父停車場秩父公園線の橋です。全長530.00メートルで、幅は16.00メートルあります。

この橋は二径間連続PC斜張橋および三径間連続PCラーメン橋として知られています。
橋の下には「武之鼻橋」が架かっており、これは荒川を横断しています。このエリアは「武の鼻の荒川」として知られており、毎年7月20日に行われる秩父神社の夏祭り「川瀬まつり」では、300年以上の伝統を誇る神事の一環として、「武の鼻の荒川」に御輿を入れる「御輿洗いの神事」が執り行われます。

秩父34ヶ所札所の15番札所。もともと秩父神社の近くにあった蔵福寺でしたが廃寺となり、その後、五葉山少林寺がこの地に移転し、母巣山少林寺として受け継ぎました

山号は蔵福寺のものを踏襲しています。本堂は入母屋造りの瓦葺きで、防火対策として白漆喰で仕上げられた珍しい建築です。

墓所には明治17年(1884年)に秩父事件で殉職した警察官、窪田鷹男と青木興市の墓と碑があります。

秩父34ヶ所札所の13番札所。「旗下」(はたのした)山号は、日本武尊(やまとたけるのみこと)が東征の際にこの地に旗を立てたことに由来しています。

本尊は行基によるとされる聖観音菩薩で、薬師堂に祀られた薬師如来は「あめ薬師」として知られ、特に目の仏様として信仰を集めています。毎年7月8日に行われる縁日では、「め」と書かれた絵馬が奉納され、露店が立ち並び、多くの人で賑わいます。

また、一切経1630巻が収められた輪蔵形式の経庫も見応えがあります。

秩父の名物「祭」をテーマにした複合型温泉施設「西武秩父駅前温泉 祭の湯」は2017年4月にオープンしました。

この施設では、祭の湯と呼ばれる温泉エリアで4つの露天風呂や高濃度人工炭酸泉を含む6つの内湯(男性用は5つ)を楽しむことができます。

豊富なバリエーションが自慢の温泉エリアには、秩父の美味しい名物が味わえるフードコート「呑喰処 祭の宴」や、お土産に最適な特産品が揃う物販エリア「ちちぶみやげ市」などがあり、秩父の魅力がいっぱい詰まった施設です。

ホームページはこちら

西武秩父駅前に2024年1月に設置された新たな撮影スポットです。

秩父の屋台と和を基調とした大きなCHICHIBUの文字が目印です。

昼間は秩父のシンボル武甲山や西武秩父駅を背景に、夜間はライトアップされたモニュメントと記念撮影が楽しめます。

草創は武甲庄浦山で始まり、後に閑野帯刀邸跡に移転しました。

伊奈氏の弟、日誉源底上人を開山に迎え、現住職は十九代目。江戸時代には、当寺の鐘が、忍藩秩父領の標準時刻を報知する役を果していたので、秩父絹市、秩父夜祭等が皆、この音色の合図により開始されていた。

明治時代には火災で諸堂が焼失。経験を生かし、和風建築を洋風手法で防火構造にした本堂が再建された。昭和六十一年までに本堂や弁天堂の修復、境内整備が行われ、本尊の阿弥陀如来は県の有形文化財に指定。八習大弁財天神は開山時から信仰を受け、明治十一年の火災で尊像は消失。しかし、夢枕に現れた霊像から再建され、昭和五十一年には開運秩父七福神巡りが始まり、その女神として多くの参拝者が訪れている。

上町には、立派な三階建ての松本家があります。

この家は秩父を代表する養蚕農家で、昔蚕の飼育が増えるにつれて、大きな二階建ての家が狭くなり、それを解消するために三階を増築しました。

さらに、その隣には蚕の産卵場も建てられ、産卵時には約50人の人々が働き、蚕の種も各地に供給していました。蚕室はほぼ当時のままで、三階に残っています。

また、居間の天井は二階まで吹き抜けており、これは三階の蚕室を暖めるために、一階で炉を使っていたためです。

「風土記稿」によれば、江戸から秩父盆地への道は三つの経路が存在しています。

まず、中山道熊谷宿から小前田おまえだ村(現在の花園町)を経て、寄居よりい村―末野すえの村(以上、現在の寄居町)―矢那瀬やなせ村―野上のがみ(以上、現在の長瀞町)―金崎かなさき村(現在の皆野町)を経由して秩父大宮郷に至る経路があります。

この道は大宮郷から大滝おおたき村(現在の大滝村)を経て雁坂かりさか峠を越え、甲斐国と結ばれるもので、「熊ケ谷通リ」とも称されています(熊谷市の→熊谷秩父道)。

次に、川越から高坂たかさか村(現在の東松山市)を経て、小川おがわ(現在の小川町)―安戸やすど村(現在の東秩父村)を経由し、粥新田かゆにた峠を越えて大宮郷に到達する経路があり、「川越通リ」とも呼ばれています(川越市の→川越秩父道)。

最後に、所沢村―飯能村―上我野かみあがの村(現在の飯能市)を経由し、正丸しようまる峠を越えて大宮郷に至る経路があり、「我野通リ」とも称されています(秩父市の→江戸秩父道)。

以前の上町、中町、本町の通りには「機どころ」として古くから栄え、デパートや各種商店の他に機屋問屋が含まれ商店街を形成しているのは秩父の特徴となっています。

日本三大曳山祭りの一つである秩父夜祭で、御旅所に向け6台の屋台・笠鉾がこの坂を引き上げられる急坂。

花火が打ち上げられる中、豪華絢爛の屋台傘鉾が多くの引き手のかけ声と多くの観衆が見守る中、祭はクライマックスを迎えます。この坂は斜度25度で、全長は230メートルに及びます。

札所13番の境内には、秩父で敬愛された井上如常のお墓があります。

通称は長次郎で、文化8年(1811年)4月19日に大宮郷(現在の秩父市)で生まれました。家は絹商でありながらも、熱心に家業に励み、学問に努め、人道を説き、社会事業や農業にも献身的に取り組むなど、多くの善行で知られていました。

明治18年には藍綬褒章を受章し、明治23年10月31日に80歳で亡くなりましたが、その遺徳は今なお郷土の人々に敬愛されています。

最も大きな屋根を持つのは、四つの屋台の中でもこの屋台です。水引きの幕(屋根の下を一周する幕)には見事な牡丹の模様があり、唐獅子の刺繍が施されています。また、後ろの幕には鯉の滝登りが描かれており、金糸で縫われた鯉が滝を駆け上る様子は迫力があり、まさに傑作と言えるでしょう。

さらに、屋根の鬼板には宮地と同様の応婦人(おうふじん)と龍の彫刻が施されており、どちらも見事な出来栄えです。
文化年間には、武甲山を描くために谷文文晁が訪れ、下げ幕に龍と虎の絵を描いたことが記録されています。

四つの屋台のうち、最も大きな鬼板(おにいた、屋根の前後の両端を装飾する板)を備えているのはこの屋台です。鬼板には日本神話の素戔嗚命(すさのおのみこと)による大蛇(おろち)の退治などが彫刻されており、他の屋台が中国の神仙思想をテーマにしている中で、これは大きな特徴の一つとなっています。
水引幕には亀が描かれており、これは妙見菩薩を象徴しています。また、海魚の後幕も見事な出来栄えです。

登勾欄(のぼりこうらん)のない屋台は、宮地とともに古典的なスタイルを保っています。屋根も宮地と同じくカマボコ型をしており、華美な彫刻や装飾が施されており、金箔押しの上に彩色されるなど、贅を尽くした作りとなっています。

また、後幕には波の上に浮かぶ舟におもちゃが乗っている絵が描かれており、中央のだるまが目を引くことから「ダルマの屋台」とも称されています。鬼板などには多くの龍の彫刻が施されており、これらの龍の姿は迫力にあふれています。

さらに、波に乗る飛龍の水引幕は、江戸で最も著名だった縫師である玉孫によって制作されたもので、これも見事なものです。

宮地地区(上宮地・中宮地・下宮地)の屋台は、かつて秩父神社に習合される前の場所にあった妙見宮(現在は妙見塚)に由来しており、そのために「宮地(みやじ)」と呼ばれています。

秩父夜祭の屋台の中で最も歴史の古いものであり、最も古い原型を持つ特徴的なもので、登り高欄がないなどが特徴です。御神幸祭の際には、3番目に曳かれる山車であり、そのために曳踊りでは必ず三番叟が上演されます。

妙見七ツ井戸の伝説に基づき、屋台倉から神社への宮入までの3日間にわたり、七回の曳踊りが行われる風習があり、妙見菩薩に最も縁が深い山車とされています。

中村町と近戸町の2つの町会が共同で管理する笠鉾は、御神幸祭の際に最初に曳行されます。

このため、山車を引く際の運行組織には一番組の名称が付けられています。

秩父夜祭の中でもっとも古い歴史を有する山車で、初代は屋台であり、2代目は笠鉾でした。現在の屋台笠鉾形式ものは3代目にあたります。

下郷地区(金室町、永田町、柳田町、阿保町、大畑町、滝の上町)の6つの町会が共同で所有する山車。

かつては桜木町も含まれ、下郷七村として知られていました。この山車には鉾を取り付けると高さが約16メートルになり、関東地区では最大の山車とされています。

現在のものは、電線の高架に配慮して屋形が追加された3代目の笠鉾です。屋形を取り付ける際には、笠鉾の一部も散逸し、ほぼ新造の建築となりました。特徴的なのは白木で作られた屋形ですが、本来は朱塗りの屋形になる予定でした。

天道や波形石台、そして3層の花笠を備え、総重量は20トンとも言われています。他の山車と比較して漆塗りや彩色が施されておらず、二段屋根などで組木が多く使用されています。

秩父34ヶ所札所の14番札所。山号は長岳山。この寺は平安時代に創建されました。修験道の本山である京都・聖護院の直末に位置し、かつては正覚院金剛寺として知られていました。

現在の場所には明治時代の神仏分離に伴い移転し、今宮神社と神仏習合の寺院となりました。観音堂は宝珠をのせた方形造りで、その中には弘法大師によるとされる本尊半跏趺坐の聖観世音像が祀られています。

また、平安時代の作と伝わる一木造りの飛天像も安置されています。この飛天像は雲に乗り、蓮華の花を持つ優美な姿が特徴です。

埼玉県内唯一の観光鍾乳洞で、県の天然記念物。洞穴の長さは約140m、高低差は約33m。洞内は複雑に入り組んおり、奇怪な形をした石筍や石柱には、弁天大黒、菩薩、五百羅漢といった名がついている。

古くは「胎内くぐりの霊場」として多くの巡礼者が訪れた。鍾乳洞の入口に隣接して、秩父34ヶ所札所第28番の石龍山橋立堂があり、朱塗りの観音堂が佇んでいる。

大正時代から昭和初期まで、気軽ながらもおしゃれな装いとして親しまれたのが、秩父銘仙という絹織物でした。この織物の特筆すべき点は、糸に型染めが施され、裏表がないように染色される平織りであるところです。その裏表のなさから、何度も仕立てをし直すことが可能であり、そのために長く愛用されることが一般庶民の間で広まりました。独自の光沢は、大胆で華やかな柄と角度によって異なる色合いを見せ、その特徴的な輝きが際立っています。また、秩父銘仙には秩父の自然を表現した柄が多く見られ、そのデザインが人気を呼んでいます。

ホームページはこちら

昭和40年代に、西武秩父駅の開業により、秩父の中心地が曖昧になりました。昔は明確に秩父神社周辺が中心でした。本町の交差点にある宝屋デパートが秩父の中心で、宝屋デパートの大通りにはアメリカンドックやアイスクリームのスタンドがあり、子供たちはそこで親におねだりしていました。屋上には遊具施設がありました。宝屋デパートは夏にはお化け屋敷を開催したり、有名歌手を呼んで歌謡ショーを開催したり、ヒーローショーを開催するなど色々話題になりました。
宝屋の向かいにはヨコカワというスーパーがあり、店の前には、オレンジジュースが噴水のようみ出ている面白い自動販売機がありました。

現在はファミリーマート秩父本町店が跡地で営業をしております。

秩父神社の参道である「番場通り」とその周辺には、大正後期から昭和初期にかけて建てられたモダンな建物が数多く残されています。この通りは、秩父鉄道・御花畑駅から秩父神社へ続く石畳みが敷き詰められており、大正ロマン溢れる建造物が多く残っています。食堂、カフェ、煙草屋、医院、肉屋など、昭和レトロな雰囲気を楽しめる建物が点在し、散策しながらその風情を堪能できます。
このエリアでは、秩父神社の表参道として機能しており、国の登録有形文化財に指定された建物もあり、その歴史的な価値を感じながら、昔の日本にタイムスリップしたような時間を楽しむことができます。

黒門通りは、かつては秩父織物の問屋が並んでいた通りでした。

昭和初期の雰囲気を残す建物が往時を偲ばせる黒門通りには、国の登録有形文化財の貴重な商業建築が今でも数多く残っています。

買継商通りは、黒門通りと同様に秩父織物関連の建物が立ち並ぶ通りで、通りの別名は「出張所横丁」です。
大正から昭和にかけて、秩父銘仙の取引で賑わった秩父銘仙出張所(国登録有形文化財)もこのエリアにあります。

ホームページはこちら

黒門通りと買継商通りを繋ぐ路地は「風の小路」と呼ばれ誰でも通行可能です。

タイムスリップしたかのような気分を味わえます。

西武秩父線の終点、西武秩父駅の近くに位置する「東町通り」のエリアには、十三番慈眼寺といった有名な札所が近くにあり、多くの縁日や参拝客で賑わっています。

通りには、古い民家を改造し「ハイランダーイン秩父」を中心に、野菜や古着、秩父伝統の郷土食「小昼飯こじゅうはん」などが販売されている東町商店街協同組合があります。

この商店街は、高い年齢層でも人にやさしい活気を持つ場所で、若手の方が年に5回新しいイベントを開催しているため、ぜひ訪れてみてください。

「秩父ふるさと館」は、大正から昭和初期にかけて建てられた歴史ある建物で、秩父市街地でまちづくりの一環として整備され、2004年4月17日に開場しました。この建物は、秩父銘仙の問屋である柿原商店の店舗兼母屋と、3つの土蔵から構成されています。

店舗と母屋は木造2階建ての寄棟造りであり、繊細な格子戸が開口部にはめられ、調和のとれた意匠となっています。土蔵は敷地の西側奥に2棟、南側に1棟配置されています。この建物は平成14年8月に国の登録有形文化財として登録され、かつては1982年から2002年まで加藤近代美術館としても利用されていました。

現在は、土蔵を活かして地域の物産を展示販売する施設として、手打ちそば屋で郷土料理も提供しています。夜間には観光拠点としてお酒も楽しめるようにリニューアルされています。

ホームページはこちら

西武秩父駅前にある観光案内所として、秩父地域の豊富な観光情報を提供しています。

秩父市内や小鹿野町などの観光地、宿泊施設、飲食店などの情報を網羅しています。宿泊情報の案内や、サイト巡りに便利なレンタサイクルの貸し出しも行っています。

館内には「あの花」コーナーがあり、関連パンフレットや”聖地巡礼”マップなども提供されています。観光客は手軽に地域の魅力を発見し、自転車での観光も楽しむことができます。

ホームページはこちら

秩父市歴史文化伝承館は、日本三大曳山祭りの一つである「秩父夜祭り」の主要な会場に位置しています。

この複合施設は、既存の本庁舎に隣接し、公民館機能と第二庁舎機能を組み合わせています。

山の神として欅の大木が祭られています。その昔天狗がいたとも伝えられています。

道の駅ちちぶは、国道140号に位置し、秩父市の中心にあります。この施設は秩父路観光の拠点となり、多くの観光客に利用されています。

訪れる人々には、秩父のそばや特産品などが販売される売店や、秩父の郷土料理が楽しめるレストラン「秩父食堂」、手作りパンの店など、魅力的な施設が用意されています。

また、「ちちぶの水」と呼ばれるおいしく安全な無料飲水施設も完備されています。これらの充実したサービスや施設は、観光地として訪れた際にぜひ立ち寄りたい場所となっています。

ホームページはこちら

秩父名物のわらじカツ丼も楽しめるお食事処、カフェスペースとしても利用されています。

ホームページはこちら

羊山丘陵の一角、羊山公園の北側エリアにある秩父市街を一望できるスポットです。

全国各地の小・中学校等の卒業式で最も歌われている「旅立ちの日に」。「旅立ちの丘」モニュメントは、この歌が秩父で発祥したことを記念して建設されました。

秩父市街地を一望できる秩父ミューズパーク展望ちびっこ広場内にあります。

ホームページはこちら

秩父神社周辺の中心市街地における憩いの場として平成17年に消防署跡地を利用して整備されました。

隣接する番場町の屋台収蔵庫内は秩父市所有のコミュニティ舞台になっており、各種イベントに活用されています。

妙見の森公園内にある秩父を舞台にしたアニメのイルミネーションです。

薗田家は、秩父地方全域から惣社・鎮守として信仰されてきた秩父神社の宮司家です。

秩父神社の参道として、御花畑駅までの約300mを中心とした石畳の参道の途中にある小さな休憩スペースです。昭和56年まで昭和館という映画館がこの場所にありました。

武甲酒造 柳田総本店は、秩父市宮側町にある宝暦3年(1753年)創業の老舗酒蔵です。国指定登録有形文化財に指定されています。

仕込み用の内井戸は「平成の名水百選」「武甲山伏流水」で容器持参で持ち帰ることが出来ます。

ホームページはこちら

秩父が舞台となっているアニメの聖地として有名になった秩父まつり会館裏のスポットです。

春から秋にかけての土日祝日を中心にSLの走る姿を見ることもできます。

札所17番、定林寺(じょうりんじ)、見事な日本百番のご本尊様の浮き彫りが施されている梵鐘は県重要美術品に指定されています。

本来は林家の私寺と建立されたことから「林寺」とも呼ばれています。

秩父が舞台となったアニメの聖地としても知られています。

旧秩父橋(二代目の秩父橋)は、昭和6年5月に竣工した鉄筋コンクリート造りの三連アーチ橋で、橋長134.6m、幅員6m、現在は橋上公園として利用されています。

アニメの舞台として近年人気の観光スポットです。

ホームページはこちら

牧水の滝は羊山公園の麓から中腹にあります。

当初は旅館として建てられたもので、旧秩父往還に西面し、近代秩父の商業の繁栄を物語る町屋建築のひとつです。現在は学習塾となっています。

ホームページはこちら

秩父市が管理するレンタルギャラリー、会議室スペースです。

「酒づくりの森」は自然豊かな美しい森に囲まれた、地酒「秩父錦」の醸造工場に酒蔵資料館、物産館を併設した観光酒蔵です。

ホームページはこちら

聖神社より徒歩で10分程度、「和銅」が採掘された露天掘跡が、今もなお秩父市黒谷の和銅山に残されています。

秩父駅は、秩父鉄道の駅です。1985年より新駅舎として、秩父地場産業センターと供用開始しています。

秩父市街の中心部に位置し、秩父神社、秩父中心市街のアクセスに最適な駅となります。

御花畑(芝桜)駅は、秩父鉄道の駅です。西武鉄道西武秩父駅に近接しています。

春の秩父の観光名所、芝桜の丘まで徒歩約30分程度の場所にあります。

西武秩父駅は、埼玉県秩父市に位置し、西武鉄道の終点、秩父観光の玄関口として知られています。自然に囲まれた美しいロケーションで、多くの観光客で賑わいます。祭の湯が隣接しています。

ホームページはこちら

上武鉄道(後の秩父鉄道)が秩父まで延伸された際に開設された歴史ある駅舎です。木造平屋建・瓦葺・塔屋付の特徴的な建物です。

昭和59年に秩父聖地公園内に移築されました。

関東地方でも特に歴史の長い神社で、秩父地域の総鎮守として知られているのがこの神社です。この神社は創建が2100年以上も前にさかのぼり、秩父地方の開拓者である知知夫彦命が崇神天皇の時代に自らの祖先である八意思兼命(やごころおもいかねのみこと)を祀ったことが始まりとされています。

秩父平氏が後に妙見菩薩を合祀し、「秩父妙見宮」として栄えましたが、明治時代の神仏分離により現在の社名となりました。社殿は天正20年(1592年)に徳川家康によって寄進され、本殿・幣殿・拝殿が一体となった権現造りで、江戸時代の建築様式を今に伝えています。

特に左甚五郎による「つなぎの龍」と「子育ての虎」の彫刻は非常に精緻で美しく、一見の価値があります。

毎年12月3日に行われる例祭は、「秩父夜祭」として国の重要無形民俗文化財と重要有形民俗文化財に指定されており、京都の祇園祭や飛騨高山祭と並んで日本三大曳山祭の一つに数えられています。

平成28年には、全国33の祭りからなる「山・鉾・屋台行事」の1つとして、国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界無形文化遺産に登録されました。

ホームページはこちら

秩父神社大祭の神幸祭は、毎年12月3日にこの御旅所を中心に執り行われます。秩父祭の笠鉾・屋台六基が、国の重要有形民俗文化財に指定されたものとして、この御旅所前で立ち並ぶ特異な光景が見られます。

山車供奉の起源については正確に分かっていませんが、秩父神社の古い記録によれば、神幸祭における山車の供奉に関する記述が江戸寛文年間(1661年~1673年)に見受けられ、その頃から行われていたと考えられています。

また、御旅所中央にある亀の子石は、神聖なものとされ、神幸の大幣がその上に立てられます。これは江戸末期まで秩父神社が妙見宮と呼ばれていた時代の信仰に由来するものです。

「災難除けに霊験あらたか お犬様信仰の聖地」 古来から信仰を集める修験道の霊山・三峯山。役小角が修行したと伝わるこの山の中心が三峯神社で、日本武尊が伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊弉冉尊(いざなみのみこと)を祀った伝説がある聖地だ。

江戸時代には、秩父山に棲息する狼を災難から守る「お犬様」とあがめる「三峯講」が全国で盛んに。三峯の宮に詣でるため、いくつもの講が組織され、多くの人が訪れた。今でも、関東屈指のパワースポットとして人気を集めている。

ホームページはこちら

日本最古の通貨「和同開珎(わどうかいちん)」が産出した秩父市黒谷にある神社で、別名「銭神様」と呼ばれ親しまれています。

近年はパワースポットとしても注目されている開運スポットとして多くの参拝客で賑わっています。

ホームページはこちら

秩父夜祭は、秩父神社の女神である妙見様と武甲山に鎮まる男神様である龍神様との年に一度の特別な出会いを祝う祭りとして語り継がれています。

この祭りは、まるで「冬版七夕伝説」とも称されるほどの趣を持っています。番場町内にある「お諏訪様」(諏訪神社)の近くを通る際には、その神聖なご祭神に敬意を表し、各笠鉾や屋台のお囃子が止まり、静かに進む慣例があります。この慣習は、順路が変わった今でも守られています。(「お諏訪様」は武甲山の男神様の本妻ともいわれる)

毎年、夜祭りの前夜である12月2日の夜には、諏訪神社で秩父神社および各町会関係者が参列する「お諏訪渡り」と呼ばれる神事が行われます。

この儀式は、土地の神様への祭礼を行った後に本神社のお祭りが始まるという、秩父地方で最も伝統的な形式の祭りであり、諏訪信仰の伝統が男女の関係に例えられ、今なお受け継がれています。

水の神である八大龍王神などを祭る歴史ある神社です。

昔から伊邪那岐(いざなぎ)・伊邪那美(いざなみ)の2神を祀っていましたが、役行者(えんのぎょうじゃ)が観音菩薩の守護神である八大龍王を加えました。

その後、宮中八神も取り入れられ、「八大宮」として広く知られるようになりました。江戸時代には複数の神社と寺院を統合し、「今宮坊」と呼ばれる神仏習合の重要な霊場となりましたが、明治時代の神仏分離で解体されました。

境内には秩父で最も古いとされる泉である「龍神池」や、樹齢1000年の「龍神木」があり、自然信仰の聖地として広く親しまれています。

ホームページはこちら

埼玉県秩父市にある「矢尾百貨店」は、2018年に創業270周年を迎えました。地元に愛され、地域社会に貢献する百貨店です。

企業の理念は「売り手よし・買い手よし・世間よし」であり、これは近江商人の精神に基づいています。創業者の矢尾喜兵衛は滋賀県日野町出身の近江商人で、10代半ばで埼玉県秩父市に移り住み、独立して酒造業を始めました。

地域の需要に応じて事業を拡大し、最終的には百貨店に成長しました。幕末から明治期にかけて、他の豪商が一揆に巻き込まれる中、矢尾家はほとんど被害を受けませんでした。これは、矢尾家が常に地域社会に奉仕してきたからだと言われています。

ホームページはこちら

秩父鉄道、秩父駅構内と隣接している秩父市地場産業センターでは、秩父の特産品・名産品を販売している。

2階には秩父のグルメが食べられるレストランも併設している。昭和59年まで親しまれていた旧秩父駅は、民俗資料館の一部として聖地公園に移設されている。駅前広場には、市政施行50周年記念の笠鉾噴水モニュメントがある。

ホームページはこちら

この施設は、明治時代初期に建てられた商人宿「秩父館」をみやのかわ商店街振興組合が借り受け、昔の雰囲気を大切にしながら改装し、地域のコミュニケーションと観光の拠点としてオープンしました。

1階は大きないろりがある無料の休憩スペースで、周りにはレンタルボックスがあり、地元の方々が手作りの工芸品や陶芸品を展示・販売できるスペースとなっています。

2階は畳が敷かれ、まちづくりのワークショップや貸しギャラリー、宴会に利用できるエリアとして活用できます。

「ほっとすぽっと秩父館」の周辺には、飲食店や歴史的な建物が点在しており、これらを巡りながら商店街を散策することもできます。
観光スポットとしてだけでなく、地域のコミュニティの憩いの場として、「ほっとすぽっと秩父館」をぜひご利用ください。

幸運

交通安全

金運

招運

恋愛運

運動

総合運

健康運

幸運

健康運

子宝運

子宝運

結婚運

子宝運

長寿運

出世運

除難

商売運

ギャンブル運

健康運

金運

全体運

全体運

金運

人間関係

金運

長寿運

安産運

金運

安心

出世運

金運

子宝運

出世運

出世運

出世運

商売運

家内安全

結婚運

学問

忍耐力

健康運

総合運

健康運

人間関係

商売運

健康運

昇運

金運

長寿

幸運

子宝運

健康運

火災除け

幸運

仕事運

ギャンブル

総合運

勝負運

開運

美人

美声

勝負運

学問

出世運

長寿

健康運

除難

 

学問

昇運

商売運

幸運

子宝運

火災除け

学問

災難除

幸運

金運・健康運

昇運

金運

幸運

健康運

健康運

健康運

子宝運

恋愛運

旅の安全

幸運

家内安全

長寿

子宝運

招運

幸運

恋愛運

日本、〒369-1871 埼玉県秩父市下影森286−2

日本、〒368-0034 埼玉県秩父市日野田町1丁目4−6

日本、〒368-0034 埼玉県秩父市日野田町1丁目4−6

日本、〒368-0034 埼玉県秩父市日野田町1丁目4−6

日本、〒368-0054 埼玉県秩父市別所1432

日本、〒368-0042 埼玉県秩父市東町12−17

日本、〒368-0033 埼玉県秩父市野坂町1丁目11−3

日本、〒368-0053 埼玉県秩父市久那2229−6

日本、〒368-0041 埼玉県秩父市番場町4−11

日本、〒368-0024 埼玉県秩父市上宮地町9−19

日本、〒368-0046 埼玉県秩父市宮側町1−7

日本、〒368-0046 埼玉県秩父市宮側町1−7

日本、〒368-0042 埼玉県秩父市東町14−1

日本、〒368-0041 埼玉県秩父市番場町16−4

日本、〒368-0041 埼玉県秩父市番場町8−13

日本、〒368-0056 埼玉県秩父市寺尾2095−13

日本、〒368-0023 埼玉県秩父市大宮5919

日本、〒368-0046 埼玉県秩父市宮側町3−9

日本、〒368-0032 埼玉県秩父市熊木町36−2

日本、〒368-0045 埼玉県秩父市道生町8−19

日本、〒368-0033 埼玉県秩父市野坂町1丁目18−12

日本、〒368-0041 埼玉県秩父市番場町4−8

日本、〒368-0023 埼玉県秩父市中宮地町5881

日本、〒368-0023 埼玉県秩父市大宮5911−1

日本、〒368-0001 埼玉県秩父市黒谷822−1

日本、〒368-0044 埼玉県秩父市本町6−1

日本、〒368-0041 埼玉県秩父市番場町9−5

日本、〒368-0041 埼玉県秩父市番場町17−17

日本、〒368-0046 埼玉県秩父市宮側町20−17

日本、〒368-0044 埼玉県秩父市本町1−22

日本、〒368-0046 埼玉県秩父市宮側町7−2

日本、〒368-0035 埼玉県秩父市上町2丁目5−11

日本、〒368-0046 埼玉県秩父市宮側町5−3

日本、〒368-0046 埼玉県秩父市宮側町5−1

日本、〒368-0072 埼玉県秩父郡横瀬町横瀬4628−3

日本、〒368-0004 埼玉県秩父市山田1294−1

日本、〒368-0001 埼玉県秩父市黒谷813

日本、〒368-0031 埼玉県秩父市上野町9−6

日本、〒368-0044 埼玉県秩父市本町3−6

日本、〒368-0041 埼玉県秩父市番場町8−16

日本、〒368-0046 埼玉県秩父市宮側町15−14

日本、〒368-0072 埼玉県秩父郡横瀬町横瀬1408

日本、〒368-0072 埼玉県秩父郡横瀬町横瀬4255−1

日本、〒368-0046 埼玉県秩父市宮側町1−7

日本、〒368-0044 埼玉県秩父市本町3−1

日本、〒368-0046 埼玉県秩父市宮側町6−11

日本、〒368-0041 埼玉県秩父市番場町2−8

日本、〒368-0032 埼玉県秩父市熊木町28−1

日本、〒368-0046 埼玉県秩父市宮側町5−1

日本、〒368-0023 埼玉県秩父市大宮4625

日本、〒368-0035 埼玉県秩父市上町1丁目5−9

日本、〒368-0041 埼玉県秩父市番場町19−9

日本、〒368-0046 埼玉県秩父市宮側町15−16

日本、〒368-0043 埼玉県秩父市中町10−3

コンテンツ本文の先頭へ戻る ページの先頭へ戻る